うたびと

所詮は自己満足な詩の世界

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

若さ

大人にはなりたくないと思った。
汚くて、卑しくて、卑怯な。
そんな奴らには絶対なりたくなかった。

今思えば
単に怖かったんだ。

自分もそんな風に変わってしまうかも知れないというのが
怖かったんだ。
スポンサーサイト

| コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ありがとう | HOME | タイトルなし>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。